婚約指輪を手作りにした理由

インタビューアー
この度は婚約指輪の制作、ならびにインタビューのご協力ありがとうございます。
祐介さんは何故「婚約指輪を手作りしよう」と思ったんですか?
お客さま
最初は既製品の指輪を買ってプロポーズもいいかなぁとは思ったんですけど、
その辺で売ってるものだと気持ちが乗らなかったというか、ただ買うだけだと面白くないと思ったんですよね。
なので、せっかくなら自分の彼女に対する想いを時間をかけてカタチにできたら良いなと思って手作りにしました。

ringramを選んだきっかけ

インタビューアー
表参道だけでもたくさんの手作りできるお店があるんですけど、その中から何故ringramを選んでいただいたんですか?
お客さま
色々話を聞きに行ったんですけど、対応してくださった方の人柄が一番の決め手ですかね。この人にだったら任せられるかなって(笑)
インタビューアー
ありがとうございます!とても光栄です(;_:)
お客さま
ホームページも見させてもらって、インタビューの記事とか作った皆さんの写真とか、とにかく笑顔で溢れていて。ringramさんにお願いすれば間違いないなって思いました。

実際に手作りしてみて

インタビューアー
指輪の制作、とてもお上手でしたよね!
旦那さま
ありがとうございます(笑)
職業が美容師なので、時間を忘れて没頭しちゃいましたね。
インタビューアー
ホント、職人さんみたいでしたもん(笑)
仕事終わりにいらしていただいたのにも関わらず、疲れを微塵も感じさせない集中力でした。
お客さま
ありがとうございます(笑)
職業柄、一つのことに集中することには慣れてましたね。
とても楽しく指輪を作ることができました。
インタビューアー
大変だったところはどんなところでしたか?
お客さま
最後に指輪をピカピカにする作業が、やはり大変でしたね。
インタビューアー
超硬のヘラで磨いていただく工程ですね。
お客さま
はい、最後は意地になって絶対にピカピカにしてやろうと頑張りました!
インタビューアー
実際に作ってみて、その指輪が完成した時のお気持ちはいかがでしたか?
お客さま
作っている最中は、ただただ作業に夢中だったんですけどね、
いざ完成してみると、プロポーズするんだなぁという実感が沸いてきましたね。
インタビューアー
確かに、完成品をご覧になった時の方が緊張されていたような気がします(笑)
お客さま
はい(笑)
海外でプロポーズするにあたって、搭乗前に荷物検査でバレないかなぁとか、喜んでくれるかなぁとか、ビックリしてくれるかなぁとか、色んなことを考えましたね。
インタビューアー
そうですよね。搭乗手続きで如何にバレずに持ち込むかすごく気にされてましたもんね。
お客さま
結局、一緒に行く友人に指輪を預けて現地で受け取るという作戦を実行しました。
ある意味出国手続きの時の方が、プロポーズよりも緊張したかもしれません(笑)

ベニスビーチでのプロポーズ

インタビューアー
プロポーズは無事成功したからこそ、今日このようにお話しをお伺いできているのですが(笑)
その時のことをお教えいただいてもいいですか?
お客さま
【祐介さん】
友人5名で行ったロサンゼルス旅行の最終日、ベニスビーチの夕日を眺めながらプロポーズしました。
お客さま
【麻衣さん】
なんかいつもとおかしいなぁとは思ったんですけど「実はさ…」と切り出されて、もしかして?と思いました。
お客さま
【祐介さん】
不思議と緊張はしなかったんですけどね、何を言ったのかは全く覚えてないです(笑)
緊張していないようで実はめっちゃ緊張していたのかもしれませんね。
お客さま
【麻衣さん】
まずは素直に嬉しかったですね。婚約指輪はもらえないものだと思ってましたし、まさか彼が手作りしてくれるなんて夢にも思ってなかったですから。
場所もちゃんと考えてくれて、そういう時泣かないと思ってたんですけどね…めっちゃ泣いちゃいました。今まで生きてきたなかで一番幸せで嬉しい瞬間でした。

これからのふたり

インタビューアー
プロポーズも無事大成功、本当におめでとうございます!
今後のご予定はどのようにお考えですか?
お客さま
【祐介さん】
両家への結婚の挨拶が未だなので、まずはそこからですね。年末に彼女の実家に挨拶に行ってきます。
お客さま
【麻衣さん】
もう何回も泊まりに来ている仲なので、スムーズに結婚の話も進むと思います。
入籍は来年の4月くらいなかぁというところですね(^^)
インタビューアー
そうなんですね。ちょっと気が早いですが、おめでとうございます!
おふたり仲良く幸せな家庭を築いていってくださいね。

本日はインタビューのご協力ありがとうございました(^^♪